夜勤でも出会いが探せる方法教えます!相手を見つける6つのコツ

夜勤の仕事をしているとどうしても出会いが少なくなってしまうもの。そんな時はマッチングアプリをうまく活用して出会いを探してみませんか?夜勤をしていても確実に出会いが探せる方法があるんです!

夜勤で出会いが少ない…

キャッチ画像282931

世の中にはたくさんの職種があり、夜勤がある仕事をしている人もたくさんいます。その中には、時間帯の都合で恋愛がしにくいと思っている人や同じ夜勤同士での出会いも少ないと悩んでいる人もいるでしょう。

そこでおすすめなのは、マッチングアプリで出会う方法です。ここでは、夜勤でも十分に出会いを期待できるアプリについてご紹介します。夜勤で忙しく出会いがない人にとってマッチングアプリはメリットばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

仕事は関係ない!マッチングアプリなら出会いを増やせます

キャッチ画像282932

夜勤をしている人は「出会いが少ない仕事をしているから」と、恋愛を諦めてしまう人は多いものです。以前であれば、結婚相談所などで相手を探す人もいたでしょうが、なかなかお見合いのスケジュールが合わない場合もめずらしくありませんでした。

しかし、最近ではマッチングアプリが登場し、それを利用して異性と出会う人が増えています。時間や場所を選ばずに出会いを探せるため、夜勤がある仕事をしていても、不利にならないのです。

昼でも夜でも関係なく出会いを探せる

夜勤がある仕事をしている人は、婚活パーティーや街コン、合コンなどに参加するのはなかなか難しいものです。休みの日は家にいたいし、お昼にイベントが開催されても、仕事の前に行くのは抵抗感があると思う人もいるでしょう。

ただ、マッチングアプリであれば、スマホ1つで簡単に登録することができますし、昼夜問わず自由に出会いを探せる点も大きなメリットです。夜勤がある人は、時間の使い方が難しい面もあるので、自分のライフスタイルに合わせて出会い探しをすることができます。

人気の出会い方だから登録者が多い

近年は、たくさんのマッチングアプリが誕生しています。例えば、大手のマッチングアプリの場合は何百万人と登録者がいるため、それだけ男女の出会いの幅が広がるので、人気です。

登録者数=アクティブ会員というわけではありませんが、大多数のメンバーがマッチングアプリを通して出会いを求めています。

マッチングアプリの場合は、合コンや街コンなどで出会うよりも、ずっと多くの人と出会うことができますし、通常なら出会えないような相手と出会うこともできます。それだけ運命の相手との出会いに期待が持てる点は、マッチングアプリの大きなメリットだといえるでしょう。

自分と時間の合う相手を探しやすい

夜勤をしている場合、なかなか連絡を取り合って関係を深めることができる相手を探すことが難しいものです。

しかし、マッチングアプリで出会えれば、休みについて・仕事・ライフスタイルなどの条件検索項目が用意されているので、それだけ自分と時間の合う相手を探しやすいと言えます。

普通に生活しているだけでは、自分のライフスタイルと合う人を見つけるのは難しいことですが、マッチングアプリであればよりスムーズに出会える可能性が高いでしょう。

休みが一緒の相手も探せる!人気のマッチングアプリ3選

ハッピーメール

キャッチ画像282934

ポイント① 累計登録数2,500万人以上で日本最大級
ポイント② 掲示板で今日明日に会える人を探せる
ポイント③ 19年の運営実績でセキュリティも万全

ハッピーメールは、出会い系サイトの中で国内最大級の登録者数を誇っています。出会い系と聞くと、「遊ばれてしまうのではないか?」「不健全な出会いしかないのでは」と感じてしまいませんか?

しかし、ハッピーメールの場合はマッチングアプリの要素が強いので、24時間365日のサポート体制、年齢認証などで本人確認を徹底し、安心してサービスを利用できます。

女性は無料で利用することができますし、男性も無料で試せる部分が多い点が、ハッピーメールのメリットです。利用者は恋活目的の人が圧倒的に多いので、安心して利用しましょう。

キャッチ画像282935
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

PCMAX

キャッチ画像282937

ポイント① 会員数1300万人以上、15年以上の運営歴
ポイント② 目的別に出会いを探せるから効率的!
ポイント③ 電話番号&証明書での認証有りなので安心

PCMAXの登録者は、1,000万人を超えています。そのため、夜勤があって出会いがないという人も、休みが一緒の人を見つけやすいでしょう。

比較的ライトな感覚で異性と出会いたいと思っているメンバーが多いですが、その分すぐに関係が進展しやすいですし、相性が良ければ、とんとん拍子に物事が進む可能性も秘めています。

毎日夜勤で生活に新鮮さがない。異性と出会って恋愛を楽しみたいという人は、PCMAXは使いやすいかもしれません。登録している会員の年代は非常に幅広く、いろんな世代と出会うことできる点はとても魅力的です。

無料で登録できますが、1アカウントしか登録することができないので、複数アカウントを使用して人を騙そうというような人が存在しにくいのも、メリットだと言えます。

キャッチ画像282938
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
PCMAXアプリの効率のよい使い方 | WEB版との違いを徹底比較!

マッチドットコム

キャッチ画像2829310

ポイント① 世界25カ国で展開、国内会員数180万人以上
ポイント② 独自システムで相性の合う人と自動マッチング
ポイント③ 真剣に婚活してる人が多く成功率が高い

マッチドットコムは、世界中に利用者がいるマッチングアプリです。そのため、国際結婚に興味がある人も恋活・婚活している傾向にあります。もちろん、日本人だけでも十分に登録者がいるので、出会いの幅が広くなることでしょう。

無料登録もできるので便利ですし、プロフィール作成も簡単なので、マッチングアプリ初心者の人でも安心です。検索機能も細かく設定することができるので、婚活アプリとして理想的な相手と出会いやすいのが特徴。

また、マッチングした相手の情報を日々紹介してくれるサービスもあるため、夜勤で出会いがないと嘆いている人にもぴったりですよ。

キャッチ画像2829311
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介 

夜勤の人がアプリで相手を見つける6つのコツ

休みのスケジュールをプロフィールに記載

キャッチ画像2829312

夜勤の仕事をしながら恋愛をするためには、相手と「休みが合う」ことが重要なポイントとなります。マッチングアプリでプロフィールを作るときには、自分の趣味や恋愛観などを記載することはもちろんのこと、自分の休みについても触れておきましょう。

例えば、「平日の○曜日〜○曜日は夜勤」「週○回は夜勤」「シフト制なので休みは不定期」などと最初から明記しておくことが大切です。

また、自分で相手探しするのはもちろんのこと、相手からも興味を持ってもらえないと順調にはいかないので、丁寧にプロフィールは書きましょう。

週に○回は夜勤などと、細かく書く必要はないのでは?と感じるかもしれませんが、書いておくと相手もイメージがしやすいので、好印象を持てるはずです。

①プロフィールにはサブ写真も入れておく

プロフィールに写真を入れるということは、多くの人が理解しています。自分の顔写真を掲載することによって、自分がどんな人なのかをアピールすることができますし、自分が相手探しをするときも顔写真がないと探しにくいものです。

ただ、意外に忘れがちなことは「サブ写真を設定」することです。プロフィールの写真はメインとサブに分かれていて、メインは1枚でサブは複数枚設定することができます。

サブ写真は必ずしも顔写真を登録する必要はなく、顔写真はメインのみでサブ写真は自分の趣味の写真だったり、日常の写真を登録しておくのも良いでしょう。もちろん、顔写真を入れてもOK。

ただ、メイン写真にそういった趣味の写真を設定すると、相手がどんな人なのか判断しにくくなるので、NGです。

②趣味のコミュニティに参加

マッチングアプリは数多くありますが、コミュニティ機能がついているかどうかも、利用するマッチングアプリを決める1つのポイントになります。

コミュニティ機能があれば、自分の趣味や仕事などが同じ人が集まっているコミュニティに参加することにより、話が合う・仕事に対する理解がある人とスムーズに出会うことが可能になります。

複数のコミュニティに参加することができるので、気になる相手のページにいってコミュニティ一覧を確認することによって、価値観を知ることもできます。

また、複数のコミュニティに参加しているだけでも、プロフィールに書ききれなかった自分の価値観をアピールすることができるため、コミュニティ機能がある場合は必ず利用しましょう。

③アプリへのログイン回数を増やす

キャッチ画像2829313x

夜勤に追われて、マッチングアプリになかなかログインすることができない人もいるかもしれません。しかし、マッチングアプリで出会いの確率を増やすためには、こまめなログインが重要になります。なぜなら、ログイン頻度が高いと、「検索結果」に優先的に表示されるからです。

マッチングアプリの中には、ランダムに「おすすめ会員」が表示されることもあり、その場合はログイン頻度が高い会員をおすすめしてくれるものなので、出会いの確率を高めるためにはログイン回数を増やしましょう。

④写真付きの投稿数を増やす

マッチングアプリを利用する際、単純にメッセージのやりとりしかできないと思っている人も多いですよね。しかし、今のマッチングアプリはブログのような日記機能やつぶやき機能があります。これらを更新することによって、自分の日常や性格を伝えることができるのです

特に、日記機能を使用する際は、できる限り写真付きの投稿を増やしてください。面倒に感じるかもしれませんが、写真付きの方が見る側の想像力が働きますし、自分の思いも伝わりやすいので、マッチングしやすくなります。

⑤アプリでも積極性は大事!

SNSでも当たり前のように搭載されている「いいね」「ハート」などの機能も、マッチングアプリについています。メッセージを送ってみようか迷っている相手には、いいね機能を駆使して自分の存在をアピールすることが大切です。

出会いはマッチングアプリに登録しているだけではやってきませんし、登録者数が多いアプリを使用している人は、その分ライバルも多いので、待ちの姿勢だとなかなか異性を見つけることができません。そのため、メッセージといいね機能は、積極的に利用しましょう。

⑥同じ夜勤の職種で検索をかけてみる

夜勤が多い人にとって、1番の問題となるのは「休みが合わない」「生活スタイルが違いすぎる」などによって、恋愛が長続きしないことです。せっかく知り合った魅力的な異性ともわかりあうことがなく、結局付き合えないなんてことはよくあります。

マッチングアプリを利用したときは、そのような感覚の差異が起きないように、同じ夜勤の仕事をしている人を条件検索項目に入れてみましょう。そうすると、生活スタイルが似た異性と出会う確率がグッとアップします。

同じスタイルなら、時間の都合も合わせやすくデートができるので、関係も進展しやすいです。そのためには、夜勤がある職業を知っておくと便利ですよ。

同じ勤務時間ならデートもしやすい!夜勤がある職業4選

看護師

キャッチ画像2829314

夜勤がある仕事で王道なのは、看護師。病棟勤務をしている看護師の場合は、日勤と夜勤で交互のシフトが組まれているので、変則的な働き方に慣れています。そのため、夜勤に対しての理解度が高く職業的にも安定しているので、恋人にはもってこいの相手でしょう。

中には、夜勤専従看護師などもいるので、自分と相性が良さそうなスタイルの人にアプローチをしてみても良いですね。

ドライバー

タクシーや長距離トラックの運転手も、夜勤がある仕事として有名です。なぜトラックは夜間に走るのかというと、長距離の場合は日中の車の多い時間帯に移動するよりも、夜間の車が少ない時間帯に移動した方が効率よく業務を行うことができるからです。

タクシーも24時間営業しているので、夜勤に対する理解が高いです。ただ、どちらの業種も眠気との戦いになりますし、事故の心配もありますので、相手の支えになってあげる意思の強さが必要です。

ホテルスタッフ

キャッチ画像2829315

ホテルは中心部、遠方地などさまざまな場所にあり、働き口を見つけやすい仕事として人気があります。特に、夜勤の場合はそこまで忙しいこともなく、受付業務も緊急的な要件のために置かれています。

ただ、ホテルの場合はサービス業になるので、深夜の酔っ払い相手やクレーム処理などでストレスも多い仕事です。その分、恋愛で癒されたいと思っている人もいるため、出会いの相手としてはいいかもしれません。

また、普段から接客に慣れているので、物腰が柔らかく、話しやすいこともメリットですね。

インフラエンジニア

ホテルや美容室などの予約システムの運用・保守などが主な仕事になります。シフト制なので、日勤と夜勤があり、非常に給与体系が良いことが特徴です。

専門的な仕事になるので、その時に任されているプロジェクトによっては徹夜で作業することもあり、恋愛ができないと悩んでいる人も多い職業だと言えます。

そのため、夜勤の辛さをわかってくれて、同じような生活スタイルの人を求めている傾向も高いので、非常に魅力的な相手だといえるでしょう。

実はアピールポイント!夜勤ならではのメリット

キャッチ画像2829316

夜勤がある職業は、恋愛がしにくく、デメリットが多いと思われがちです。しかし、実は夜勤ならではの恋愛のメリットもあることが特徴です。夜勤でも、良い方向に考えを転換させることによって、恋愛がうまく進むようになりますよ。

昼デートの誘いは警戒されにくい

マッチングアプリなどで魅力的な異性と出会ったら、何度かメッセージのやりとりをしてデートをすることが、一般的な流れです。ここで問題なのは、デートをする時間帯だと言えます。

例えば、お酒を一緒に飲もうという話になると、どうしてもデートの時間帯は夜になってしまいます。しかし、夜デートは「この後何かされてしまうのでは?」という印象が強く、誘う側としてもOKしてもらえるのか不安を感じるものです。

ところが、普段から夜勤で働いている人は夜だと必然的に仕事となるので、昼デートが基本になります。明るいうちのデートであれば、食事や買い物程度の行動で終わるので、下心を感じさせませんし、誘われたとしても比較的OKしやすいでしょう。

同じ夜勤の相手を狙う場合はライバルが少ない

キャッチ画像2829317

夜勤の仕事をしている人は、ほとんどの場合が似たような職業の人と恋愛をしたいと思っていることも多いです。通常は、日勤の人が多いので夜勤の仕事をしている人をマッチングアプリで探す人は、そこまで多くありません。

そのため、マッチングを心待ちにしている人も少なくなく、夜勤同士の方が話が弾むと思っている場合も。そのため、マッチングアプリでよくある「人気の会員を奪い合う」なんてことはないでしょう。

ライバルが少ないと、それだけ相手との関係をスムーズに進展させることが可能です。夜勤特有の出会いにくさ、デートのしにくさがライバルを減らしてくれます。

平日の昼デートならどこも混んでいない

夜勤の仕事をしている人は、日中のデートが基本になることでしょう。一般的な職業の人は、平日は仕事で土日にデートをすることが多いため、デートスポットが混み合っていることもめずらしくなく、お店になかなか入れないということもあります。

しかし、平日の昼間にデートをすると、お店でも平日限定のサービスを受けることができたり、人出が少ないためにゆっくりと2人の時間を楽しめるので、関係も進展しやすいです。

諦めないで!夜勤でも出会いは探せます!

キャッチ画像2829318

夜勤の仕事の場合は、どうしても生活サイクルが一定にならず、相手を見つけても生活のすれ違いでうまくいかない経験をした人は、少なからずいるかもしれません。

しかし、そんな状況だからこそ、マッチングアプリを利用して夜勤に理解がある相手や同じ夜勤の仕事をしている人と出会いましょう!そうすれば、夜勤でも出会いは探せるので、諦めないことが肝心です。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)