マッチングアプリで返信がこない。理由と追いメッセージのタイミング4選

マッチングアプリでやり取りをしている人から返信がこない。それだけで気分が沈んでしまうときもありますよね。実は返信がこないのはちゃんとした理由があるんです。

マッチングアプリで返信がこない…。

キャッチ画像286531

マッチングアプリでなかなかメッセージのやりとりが続かないと悩んでいる人は多いと思います。今回は、なかなかやりとりが続かない人のために、

  • メッセージの返信がこない理由
  • 本気会員が多いマッチングアプリ
  • 追いメッセージのタイミング
  • 返信したいメッセージ

などについて解説してきます。

マッチングアプリで素敵な出会いを探したいのに上手くいかないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

返信がこない理由は大きく分けて2つ!

メッセージの送り方に問題がある

キャッチ画像286532

マッチングアプリでメッセージの返事がない理由として、1つはメッセージの送り方に問題がある場合があります。

例えばメッセージの内容が軽すぎたりチャラく感じられる場合、遊び目的やヤリモクと思われて返信率が下がってしまいます。また、最初からタメ口でメッセージをする人もあまりイメージはよくありません。

その他にも、テンプレートのような文面や質問がない場合も返信率は下がります。このあたりについては、また後ほど詳しく説明します。

マッチングアプリに対する相手の真剣度が低い

マッチングアプリに対する相手の真剣度が低い場合も、メッセージの返信率は下がります。

マッチングアプリに登録している人の中には、遊び目的やただの興味本位で登録している人もいます。特に基本的に無料でアプリを使える女性や、男性の無料会員に多い傾向があります。

もし相手がマッチングアプリに対して真剣でない場合は、こちらから送ったメッセージの内容が良くても返信がこない可能性は高いです。

そこで、本気で出会いを探している人が多いマッチングアプリをいくつかピックアップしてみましたので紹介します。

返信率をあげよう!本気会員が多いおすすめアプリ3選

キャッチ画像286533

最近はマッチングアプリで出会いを探す人が増えていることもあり、マッチングアプリの数も増えてきています。そのなかには、遊び目的やヤリモクの人が多く登録しているアプリもあります。

そこで編集部が真剣に出会いを探している方が多く登録しているマッチングアプリを厳選しました。真剣なぶんそれだけ返信率も高いので、ぜひ真面目な出会いを探している人は登録してみてください!

マッチドットコム

キャッチ画像286534

マッチドットコムは主に将来見据えた相手を探している人が登録している婚活アプリです。世界中で利用されていて日本でも知名度が高く、30~40代の人を中心に多くの人が出会いを探しています。

マッチドットコムの特徴はデイリーマッチ機能で、最新のAI機能を使って毎日自動的に理想の条件にあう人を紹介してくれます。そのため普段仕事が忙しくて恋活・婚活をする時間がないという人も、簡単に出会いを探せます。

マッチドットコムはアプリを利用するために男女とも有料会員になる必要があるので、より真剣に出会いを探している人が多く登録しています。そのため、より高い返信率が期待できるでしょう。

キャッチ画像286535
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介 

Pairs(ペアーズ)

キャッチ画像286536

Pairs(ペアーズ)は利用者の口コミ評判も良く、人気のある恋活アプリです。幅広い年齢層の人がPairsに登録していますが、主に20~30代の人がメインになります。

Pairsの特徴は豊富なコミュニティ機能です。趣味や性格、価値観、恋愛に関するコミュニティが10万種類以上揃っているので、同じ趣味や価値観を持っている人と簡単に出会うことができます。

また、Pairsには様々なコラム・記事が掲載されているので恋活で悩んだときには参考にしてみてください。

男性の場合料金を支払う必要がありますが、女性無料とお得に恋活できるので、ぜひPairsで出会いを探してみましょう。

キャッチ画像286537
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を徹底解説

ゼクシィ縁結び

キャッチ画像286538 ゼクシィ縁結びは主に婚活を目的とした人が登録している婚活アプリです。無料会員でも相手のプロフィールを確認したり初回メッセージのみ送ることができますが、メッセージのやり取りをするためには有料会員になる必要があります。

会員数は140万人をこえ、ゼクシィ縁結びで良い出会いがあった人は6ヶ月以内に相手を見つけたというデータが紹介されています。

ゼクシィ縁結びではプロフィール写真やメッセージを対象として24時間365日監視されているので、安心して出会いを探したいという人にぴったりのアプリです。

キャッチ画像286539
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
ゼクシィ縁結び利用者のリアルな口コミ評価|料金・利用者・使い方のすべて 

失敗する【初回メッセージ】の特徴

メッセージをテンプレで送っている

キャッチ画像2865310

マッチングをしたあとにメッセージを送っても、相手から返信がない場合があります。「まだやり取りもしていないのになぜ?」と思うかもしれませんが、メッセージをテンプレで送っていないでしょうか。

一番最初のメッセージなので何を送ったらいいのか分からない人もいるかと思いますが、例えば「いいね!ありがとうございます。よろしくお願いします!」のようなテンプレメッセージを送ると意外と相手にテンプレだとバレてしまいます。

テンプレのメッセージだと手を抜いていると思われたり、自分にそこまで興味がないと思われ、メッセージの返信がない場合があるので注意しましょう。

メッセージの中に疑問文がない

初回メッセージの中に疑問文がない場合も、相手から返信がこない可能性が高くなります。

挨拶だけで自分から話題を振らないと受け身な人だと思われ、メッセージをスルーしてしまうという人も多くいます。

あなたに興味があっていいね!をしている場合はそれでも返信をくれることもありますが、なかにはとりあえず良さそうだからいいね!してみたという人もいます。

そういった「とりあえず」の人は、こちらから話題を提供しないと返信が返ってくる可能性は低いでしょう。

ため口で送っている

初回メッセージからため口で送ると遊び目的やヤリモクと思われ、返信がくる確率は下がります。もし遊び目的ではなくても、相手にはマナーのなっていない人と認識されてしまうでしょう。

最初のメッセージの印象が悪いと、やり取りすらできずに終わってしまいます。特に真剣に出会いを探している人は、最初からため口を使われると嫌悪感を抱きやすい傾向があります。

マッチングアプリでは相手の顔が見えませんが、礼儀や誠実さは大切です。最初からため口で馴れ馴れしくしてしまうと、逆に引かれてしまうので気を付けましょう。

失敗する【メッセージやりとり】の特徴

ひとつのメッセージに質問が多すぎる

キャッチ画像2865311

せっかくメッセージのやり取りをしていたのに、突然返信が来なくなってしまったという場合もあるでしょう。

メッセージが返ってこなくなった理由として、ひとつのメッセージに対して質問が多すぎる点が考えられます。

相手に質問をして返信しやすくしたり話題を提供することはやり取りを続けるポイントのひとつではありますが、当然質問の量にも限度があります。

ひとつのメッセージに対してあまりに質問が多すぎると、「すごいグイグイくる人だな」と思われて逆に引かれてしまう可能性があるので注意しましょう。

積極的にくる人が苦手という人もなかにはいるので、ひとつのメッセージに対して質問は数個程度にすることをおすすめします。

「あなたはどう?」と質問返しをしていない

相手から質問されたときに、「あなたはどう?」と質問返しをすることがあります。この質問返しをしていないと、メッセージのやり取りに失敗する可能性が高くなります。

質問をしたときに自分のことも聞かれると、「自分に興味を持ってくれているんだな」と嬉しくなります。逆に質問返しをしてくれないと「私に興味がないんだな」「なんで私には聞いてきてくれないの?!」と思われ、やり取りを止めてしまうこともあるでしょう。

質問をされたら相手にも質問をし、少しでも相手に興味を持っていることが伝わるようにすることが大切です。

返信のタイミングが合っていない

キャッチ画像2865312

やり取りに失敗する理由として、返信のタイミングが合っていない可能性があります。

人によってはすぐに返信をするタイプの人も入れば、ゆっくりやり取りをしたいタイプの人もいます。その相性が悪いと、なかなかメッセージのやり取りは続きません。

ゆっくりとやり取りしたい人の場合、返信をしてすぐに相手から返信が返ってくるとプレッシャーに感じてしまう人もいます。

なるべくやり取りを続けたい場合は、相手がどのくらいのペースでメッセージを返してくれるのかにあわせて返信をした方がやり取りは長続きするでしょう。

返信ないけど…追いメッセージを送っていいタイミング4選

日をまたいだとき

キャッチ画像2865313

相手からの返信がないと、こちらから追いメッセージをしていいのか悩みますが、日をまたいだときには追いメッセージを送っても大丈夫です。

返信が無いからと、こちらからメッセージを送った当日にさらにメッセージを送ることは避けた方が良いでしょう。

ただし、こちらからメッセージを送ったのが夜の場合は、日をまたいだとしても夕方以降にするなど少し時間をあけることをおすすめします。

また、日をまたいで追いメッセージを送るときには、「昨日はなぜ返信くれなかったんですか?」などの返信がないことを問いつけるようなメッセージはしないよう注意してください。

返信がなくて日数が経ったとき

相手からの返信が止まって日数が経った場合も、追いメッセージをしても問題ありません。

そのときも、先程述べたような返信がないことを問い詰めるようなメッセージではなく、「元気にしていますか?」「最近は何していますか?」など質問をするとよいでしょう。

こちらから質問をして話題を提供することで、より相手も返信がしやすくなります。

デートの日時が近くなったとき

キャッチ画像2865314

やり取りしている相手とデートの約束をしているときには、デートの日時が近くなったら追いメッセージをしてみましょう。

デートの約束をすると、そこで一旦メッセージのやり取りが途切れることがけっこうあります。そのあと、1回もやり取りすることなくデート当日を迎える人もいますが、デートの日が近くなってきたタイミングで追いメッセージをしても特に嫌がられることはありません。

もし追いメッセージをどのタイミングでするべきか悩んでいる方は、デートの前に送ってみてください。

相手にとってメリットがある情報を送るとき

相手にとってメリットがある情報を送るときにも、追撃メッセージを送っても特に嫌がられることはないでしょう。それだけではなく、相手からの返信が来る確率も高くなります。

メリットのある情報は、例えば相手の趣味に関する情報などが当てはまります。

もしくは相手の好きな食べ物を知っている場合には、「〇〇の美味しそうなお店を見つけた」と連絡すれば自然な流れでデートに誘うこともできます。

一度やり取りが止まっても、めげずに追撃メッセージをすることで上手くいくこともあるので、いいなと思った人にはぜひ追撃メッセージをしてみましょう。

相手を振り向かせる方法として、相手の趣味や好きな食べ物に関する情報を調べてみるのも大切です。

男女別!返信したくなるメッセージとは【男性編】

教えて系の相談メッセージ

キャッチ画像2865315

男性が返信したくなるメッセージは、教えて系の相談メッセージです。

男性は頼られたり相談されたりするのが好きな生き物です。そのため、女性から相談メッセージをされると「自分を頼ってくれている」「この子を支えてあげなきゃ」と感じ、親身になってメッセージを返してくれるでしょう。

ただしまだあまり仲良くない状態のときに内容の重い相談をしてしまうと、逆に少し距離を取られてしまう可能性もあるので気を付けてください。

相手の反応が良いとわかるメッセージ

男性にメッセージを送るときには、あなたの反応が良いことが分かるようなメッセージを送ってみましょう。

自分に良いイメージを持ってくれていると感じ取れるようなメッセージを送ると、男性も嬉しくなりメッセージを返そうという気持ちになりますし、「もしかしたら脈があるかも?」と分かれば不思議とあなたを意識するようになります。

「素敵ですね」「共通の趣味もあって話やすいです」など、相手に良いイメージを持っていることが伝わるようなメッセージを送ってみましょう。

返信速度が速いメッセージ

メッセージのやり取りを続けるためには、相手のメッセージを返すペースに合わせることが大切ですが、男性は比較的返信の速いメッセージを好む傾向があります。

男性はその場でメッセージのやり取りが続かないと、時間が経つにつれて気持ちが下がってしまいます。そのため、気持ちが下がる前に何度もやり取りをし、仲良くなれるよう心掛けましょう。

できたらマッチングをしてすぐにメッセージを送り、何度かやり取りをすることをおすすめします。

男女別!返信したくなるメッセージとは【女性編】

体調を気遣う系の心配メッセージ

キャッチ画像2865316

相手が女性の場合は、体調を気遣う系の心配メッセージだと返信が返ってくる確率が高くなります。

「最近暑いけど、体調は大丈夫ですか?」や「寒くなってきたので風邪をひかないように気を付けてくださいね」など、女性の体調を気遣うメッセージを送ってみましょう。

そうすると女性は、あなたに対して心配したり気遣ってくれる優しい人という良いイメージを持ち、もっとあなたのことを知りたいと感じてくれます。

体調を気遣う系の心配メッセージは、やり取りをしばらくしていない人に追いメッセージをするときにも有効です。

自分の趣味に関するメッセージ

プロフィールに趣味や好きなことを書いている人が多いので、プロフィールを確認し、相手の趣味や好きなことに関するメッセージを送ると女性からの返信が来やすくなります。

共通の趣味があれば会話も盛り上がりますし、もし無くても相手の趣味について色々質問をして興味があることを示すと返信が返ってくる確率が上がります。

趣味や好きなことを話題にすることで女性側も返信しやすくなるので、よりメッセージのやり取りが続きやすくなるでしょう。女性には話すのが好きな人が多いので、女性が話しやすいきっかけを作ることがメッセージのコツです。

内面が褒められているメッセージ

キャッチ画像2865317

女性の心理として、内面を褒められると嬉しいものです。もちろん外見を褒められても嬉しいですが、内面を褒められる方が女性は喜びます。

ほとんどやり取りをしていない相手のことを知らない段階で内面を褒めるメッセージを送るのはなかなか難しいかと思いますが、「〇〇のところが素敵ですね」「優しい人なんですね」と送ってみましょう。

最初のメッセージを送るときに「共通の趣味があって話が合いそうだったので」「価値観が似ていると思ったので」といいね!をした理由で相手の内面に触れることも女性に喜ばれます。

返信がない相手の見切りの付け方4つ

初回デートの後に返信がこなくなったとき

キャッチ画像2865318

相手から返信がこなくなると、相手に見切りを付けていいのかそれとも諦めずにメッセージやLINE、メールを送っていいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

もし初回デートをした後に返信が来なくなった場合は、見切りを付けて他の出会いを探すことをおすすめします。

デートの前のやり取りで会話が盛り上がっていても、実際に会ってみるとちょっと違うなということは男性女性ともにあります。

マッチングアプリには多くの男女がいるので、見切りをつけて次の出会いに備えることも大切です。

デートの日時について返信がこなくなったとき

ある程度やり取りをすると、実際にデートをして会う流れになります。デートの日時について会話をしているときに返信がこなくなった場合には、見切りをつけた方がよいでしょう。

デートの日時について会話をしているときに返信が止まった場合は、相手にそこまでデートをする気がない、もしくはただの暇つぶしで本気で出会いを探していない可能性があります。

デートをする流れになっているのでなかなか諦めつかないかと思いますが、諦めずに追いメッセージをするよりも他の出会いを探すことをおすすめします。

追いメッセージにも返信がなかったとき

キャッチ画像2865319

先程追いメッセージを送っていいタイミングを紹介しましたが、追いメッセージをしても相手からの返信がない場合は見切りをつけた方がよいでしょう。

何度も追いメッセージをしてもブロックされて終わるだけなので、一度追いメッセージをしても返信がない場合は諦めて他の出会いを探した方が早く良い人に出会えます。

マッチングアプリで恋活・婚活をするときは一人の人に粘り強くアピールし続けるのではなく、もし脈が無さそうなら次に切り替えることも大切です。

返信のない相手が投稿していたとき

もしメッセージの返信がない相手が投稿していたときにも、もう返信がないものと見切りを付けたほうがいいでしょう。

マッチングアプリによっては日記やひとことを投稿する機能があります。日記やひとことが投稿されサイトにログインしているにも関わらず返信がないのであれば、メッセージが来ていることに気付いているのに敢えて返信を返していない可能性が高いので諦めることをおすすめします。

マッチングアプリには多くの人が登録しているので、早めに見切りをつけて次の出会いに進むことも良い出会いを見つけるコツです。

マッチングアプリで返信がこないときは、まずは送り方をチェック!

キャッチ画像2865320

マッチングアプリをやっていて相手からなかなか返信が来ないと心配になりますよね。

そんなときは自分の送ったメッセージを見返して、修正するべき点があったら直して次に活かしてみましょう。もしくは相手が真剣に出会いを探していない場合もあるので、真剣な出会いを探している人が多いマッチングアプリに登録してみるのもひとつの攻略法です。

場合によっては見切りを付けて新しい出会いに進むこともおすすめします。

男女別の返信が来やすいメッセージも紹介しているので、ぜひ参考にして素敵な出会いを探してみてくださいね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)